フェレットも病院で健康チェック|ペットと長く人生を歩む

猫

獣医師の専門性

千葉県では、動物病院が相次いで新設されています。それらの病院は、診療対象とする動物を細かく決めています。動物によって、その分野を得意とする獣医師がいる病院が、それぞれの担当を決めるのです。そして、担当分けをするだけでなく、それぞれの病院が連携して、ペットの救命に力を入れています。

» 詳細を読む

ペットが亡くなったときは

お墓

ペットとのお別れ

寿命ではなく病気などで亡くなった場合はとても悲しいものです。犬や猫、フェレットなど最愛のペットと長く共にするためにも、病院へ定期的に足を運んでおきましょう。病院に行くことで見た目では分からない部分の病気などを早期発見出来るかもしれません。また手当てをいち早く出来るかもしれません。ですがそういった対処をしたとしても、大切な犬や猫、フェレットなどのペットが亡くなってしまうことはあります。その場合はどうしたらいいのでしょうか。最近は、ペットの火葬を行って供養する場合も増えてきました。火葬場までは、自宅へお迎えに来てくれる場合も、自分で連れていく場合もあります。しばらく一緒に過ごしたい場合は、ご遺体を涼しい場所に安置し、毛布などを敷いてあげましょう。梅雨の時期は湿気に注意して、夏場ならドライアイスを用意します。蓋ができる箱に同梱して、保冷剤なら数時間、ドライアイスなら丸一日ごとに交換します。排泄物が出るときのために、鼻や口・お尻などに綿のようなものを詰めてあげると安心です。もしくはペットシーツなどを敷いてあげましょう。亡くなってからペットの火葬を行うまでは、1日〜3日までが標準だそうです。分からないことがあれば、火葬場に問い合わせてみましょう。

火葬と供養

ペットの火葬方法は色々あります。合同火葬は、他の家のペットと一緒に火葬して、納骨も合同の場所になります。個別火葬なら一任する場合と、立会いをする場合があります。納骨も返骨もできます。そして訪問火葬もあります。移動火葬車が自宅近辺に来て火葬してくれる方法です。ペットの火葬だけでなく、お葬式をしてくれるところもあります。人間のお葬式のように、住職さんが摂り行ってくれます。形式は簡略されたもので、費用は数万円程度になり、自宅で行うこともできます。お骨は自宅にずっと置かれる方もいるようです。納骨堂に納めたり、個別や合同で埋葬することもできます。四十九日、1周忌などの供養をしてくれるところもあります。大切なペットとのお別れなので、信頼してお任せできるところを選びましょう。

ペットのために

トイプードルには様々な毛色があるのです。毛が抜けにくく体臭が少ないため、飼いやすい犬種と言えるでしょう。穏やかで人懐っこく、頭もいいのです。定期的にトリミングにいってシャンプーやカットをしてもらう必要があるでしょう。

» 詳細を読む

犬の健康維持のために

良質なドッグフードを愛犬に与えることによって、長期的に健康を維持する可能性が高くなります。良質なドッグフードは栄養バランスが整っている事が多いのが特徴です。評判の良いドッグフードを見つけるためには、ネットのレビューや動物病院の意見を参考にすると良いでしょう。

» 詳細を読む